前回でWiMAXやイーモバイルなどのモバイル通信についてざっくりまとめました。

前回の記事はこちら
光回線とWiMAXやイーモバイルのどちらかで迷っている方①




では比較しての光回線の料金についてですが、


今回はきっと対象者も多いフレッツ光の戸建て料金と比較してみようかと思います。





NTT東日本のフレッツ光ネクストの戸建てタイプの料金が

通常5460円。今だとにねん割と思いっきり割が適用になる(平成25年8月現在

ので二年間は3675円で利用可能です。(ポイント割引き含む

二年経過後は思いっきり割の945円割引きがなくなるので最終的には

毎月4620円で利用可能ということになります。

NT西日本のフレッツ光ネクスト隼の戸建てタイプの料金は

通常5670円。今だと、どーんと割と光もっと2割の適用により

最初2年間は3790円で利用可能です。3年後は4315円まで一度料金は上がり、

その後毎年105円ずつ安くなり、最終的に3790円で利用可能です。






んーーと・・・わかりましたかね???wwww


結構複雑だと思います(汗 


結局何が言いたいのか!!と言いますと、、、、

インターネットのみを使う!ということであればモバイル通信の方が安いかも!

ということです。フレッツ光のキャンペーン適用により、料金に変動があり分かりにくいのですが

速度等を気になさらないで料金のみを気にするのであればWiMAX、イーモバイルは基本3880円・・・


モバイル通信でも全然いけてしまいますね。






が!!!!ここで忘れてはならない、やつの存在があります。

どーん
d0004426_1032558

そう、固定電話です。


ネットのみを使うという方はモバイル通信で金額的には安くなる場合がありますが、


固定電話を今お持ちの方は一概にはそうは言えないみたいです。



フレッツ光、またはその他の光回線を使うとお使いの固定電話は「ひかり電話」
ryokin1

で利用する事が可能です。


この光電話、なんと言っても基本料金が安い!毎月なんと525円で利用可能なんです。
(ナンバーディスプレイ等のオプションは別です。)

ですが固定電話を残してネットをモバイル通信にする!

っていうのは料金的にみると考えものかもしれません。

フレッツ光をやめるとひかり電話はあくまでネットのオプションなので

もしそのまま固定電話を残すということであれば、

アナログ電話に戻さなくてはならないからです。

アナログ電話の基本料金が主要都市部で1785円

これとWiMAXやイーモバイルの月額料金に加算すると・・・。



モバイル通信3880円+アナログ電話1785円=5665円


フレッツ光だと・・・(フレッツ光ネクスト思いっきり割適用でプロバイダがOCNの場合)


フレッツ光利用料3675円+ひかり電話525円+プロバイダ1260円=5460円


と、場合によっては電話込みだと光回線の方が安い場合もあります!




上記のフレッツ光の料金はキャンペーンを適用しての金額なので一概には言えませんが、

契約状況、内容、時期によっては光回線を使いながらも固定費を抑えられる!

ということもできるということです。

金額に関しては固定費になりますので、契約するとしばらくはつきまとうものです。

ご自身の契約状況を把握しながら熟考して考えて頂いてもいい部分なのではないかなと思います。

その際の参考にして頂ければと思います。





キャッシュバックはもう古い!!


フレッツDEチョイス!

ネットを始めようと思っていろいろお得なキャンペーンはないかと探している方も多いのではないでしょうか?

8万円や、10万円等の高額キャッシュバック・・・魅力的ではありますが

適用するためにはたくさんのオプション加入が必要となります。

月額料金が高くなり、トータル的にみるとお得にならないこともしばしばあります。

フレッツ光を始めるのならココ!!



オプション加入なく、高額なゲーム機、家電、パソコンなどがセットで貰えちゃいます!

月額料金を安く特典を受けて頂きい!という信念でやっておりますので

是非検討してみてくださいね♪



記事を読んで頂いてありがとうございます。
一人でも多くの方に読んで頂きたいので
ワンクリックお願いします(^o^)丿☆☆☆
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ